ジャムウの石けんを使ったら、オリモノの臭いを抑えることができました

 

 

 

体臭の悩みって人には言いづらいものですが、中でも特にオリモノのにおいって誰にも言えない悩みじゃないでしょうか。

 

毎日ちゃんと洗って清潔にしてるのに、トイレにいくとヘンなにおいが。病気なのか、とか、周りの人がこのにおいに気付いていたらどうしよう、など不安な気持ちになりますね。

 

彼氏が出来ていい雰囲気になっても、においが気になって踏み切れないなんてこともあるし。

 

しかもそんなこと、とても彼に言えませんからね。

 

 

仲のいい女友達がいても、「あそこが臭い」なんて言えなくないですか?

 

「えっ、そうなの」

 

とヒかれてしまうかもしれないし、他の人に言いふらされたりでもしたら、生きていけなくなります。

 

誰にも言えず悶々と悩んでいる人は少なくないみたいで、インターネットの掲示板などでも、悩み相談を見かけることがありますね。

 

そもそもオリモノが臭くなる原因って、なんなんでしょう。

 

清潔にしていたつもり、でも

オリモノは子宮や膣からの老廃物や分泌物が体の外に出されたもの。もともと、雑菌が身体の中で増えるのを防ぐ働きをしているもので、女性の身体を守る大事な役割があります。

 

本来は無色透明で粘り気も少なく、特に匂いのあるものではありませんが、体外に出て空気に触れ、性器周りの汗や汚れと混ざると、雑菌が繁殖し臭いがするようになるんです。

 

つまり問題はオリモノではなく、外陰部の汗や汚れのせい。その部分の雑菌の繁殖を抑えることが出来れば、もう臭いに悩まされることはなくなるんです。

 

「毎日すっごく気を付けてあそこを洗ってても臭いんだよ」

 

と思う人もいるかも。

 

でも、どんなものでどんな風に洗うのかも、臭いを無くすポイントなんですよね。

 

 

洗浄力の強いボディソープなどで、あそこの中まで洗ってる、なんて場合は要注意です。

 

不必要に強い洗浄成分で必要な菌を殺してしまい、肌が本来もっているバリア機能まで壊してしまいます。

 

膣の中には自浄作用のある常在菌がいて、雑菌が繁殖するのを防いでいます。身体の他の部分よりも酸性が強く保たれているので、健康な女性であれば、ぬるま湯で洗っておけば充分に清潔さが保たれます。

 

でも臭いが気になってる人に、お湯で洗っとけと言ってもちょっと難しいと思います。

 

だから、使うならデリケートゾーン専用の石けんを使うのをお勧めしたいですね。

 

一番いいのは「ジャムウ」の石けんです。

 

名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、昔からあそこのケア品として使われてきたもので、わきの下や足の裏の消臭や、肌の黒ずみを薄める効果もあるといわれているものです。

 

製品によっては、ジャムウとは名ばかりで、内容的には普通の石けんと変わらないものもあるので、配合量などをチェックして買うようにするといいと思います。

 

ジャムウはハーブ由来の混合成分のことで、ラベンダーやレモングラス、ショウガなどが原料。

 

この他に、汗ムレを防ぐミョウバンや、柿渋(柿タンニン)を配合された石けんがあるので、それが一番いいと思いますね。

 

異常があるなら病院へ。そうでないなら、専用品でケア

ただ、オリモノに異常な色(黄・緑色など)がついているとか、塊のようなものが出てくる、という場合は、身体の中で何か起きている可能性があります。

 

その場合は、婦人科を受診して原因を突き止めた方がいいですね。

 

性交渉の際に雑菌が入った可能性もあるし、体調が悪く免疫力が低下して、自浄作用が働いていない場合もあります。

 

また、他の病気の治療で抗生物質を飲むと、善玉菌の働きも鈍らせるため、一時的に自浄作用が衰えることもあります。

 

原因が分かる一時的なものなら、すぐに元に戻ります。ヘアを短くしておくなど、最低限の手入れをしつつ、専用の石けんでケアをしておけば、もう臭いの心配はしなくても良くなりますね。